ピックアップ
日中の元政府高官ら出席者からは日中関係改善の流れを歓迎する一方、歴史問題などの懸案解決が必要だという意見が相次いだ。基調報告を行った鳩山元首相は「歴史問題は未解決のままだ」と指摘、一層の関係改善に努めるよう安倍政権に求め […]
ピックアップ
米国は自由貿易協定(FTA)を念頭に2国間交渉開始を要求したが、日本は多国間の枠組みを重視する立場を改めて強調。両者の溝は埋まらず、議論は9月に開く次回会合に持ち越しとなった。米国が検討する自動車・同部品への追加関税につ […]
ピックアップ
トルコ通貨リラの下落が理由で、上乗せされる税率は鉄鋼が50%、アルミが20%となる。米・トルコ関係は、トルコで長期間拘束されている米国人牧師の釈放問題などを巡り険悪化。米政府は1日、トルコの法相と内相を制裁対象に指定し、 […]
ピックアップ
対抗措置は、米国が発表した制裁関税と同じ規模の、年間160億㌦(約1.8兆円)相当の米国製品に25%の関税を課すもので、同じ23日に発動するとしている。対象には鉄鋼製品や自動車、医療機器などが含まれる。又、トランプ政権、 […]
ピックアップ
トランプ大統領は今回の制裁について「史上最も強力だ」とツイッターに投稿した。その上で、11月には更に制裁を強化すると予告し「イランとビジナスをする者は米国とビジネスができなくなる」と警告した。トランプ政権は中間選挙直前の […]
ピックアップ
先月6日に発動した340億㌦分に続く第2弾で、今回、対象となるのは半導体や電化製品など279品目。中国政府が掲げる産業政策「中国製造2025」の下で作られる製品が多く含まれているため中国の強い反発が予想される。
ピックアップ
韓国政府が1年近く先送りしている国連機関を通じた対北朝鮮人道支援も実施時期が早まるとの見方が出ている。新指針は、北朝鮮への人道的支援を行う各国の政府や民間団体は支援の品目や数量、北朝鮮内での転用防止措置などを記載した書類 […]
ピックアップ
米国はイラン核合意からの離脱に伴い制裁猶予が期限切れを迎える事を受け一部制裁を復活させる。これについてEUは共同声明で「米国による制裁措置の復活は極めて遺憾」とし、金融の流れとイランの原油・天然ガスの輸出の保全に向け取組 […]
ピックアップ
トランプ大統領は声明で「各国と緊密に連携しながら制裁の実行に全力をあげる」と強調した。今回の制裁はイランの自動車部門との取引やイラン政府による米ドルの現金の獲得などを禁止する内容で、日本時間7日午後1時過ぎに再発動する。 […]
ピックアップ
米財務省、国債増発を発表(1日)
2018-08-13
2018年7-12月の市場調達予定額は7690億㌦(約85兆円)と08年以来の規模に膨らむ。10月から始まる19会計年度の予算はGDPの約5%に相当する1兆㌦の赤字となる見通し。「完全雇用状態の経済としては第2次世界大戦 […]