ピックアップ
米国はイラン核合意からの離脱に伴い制裁猶予が期限切れを迎える事を受け一部制裁を復活させる。これについてEUは共同声明で「米国による制裁措置の復活は極めて遺憾」とし、金融の流れとイランの原油・天然ガスの輸出の保全に向け取組 […]
ピックアップ
トランプ大統領は声明で「各国と緊密に連携しながら制裁の実行に全力をあげる」と強調した。今回の制裁はイランの自動車部門との取引やイラン政府による米ドルの現金の獲得などを禁止する内容で、日本時間7日午後1時過ぎに再発動する。 […]
ピックアップ
米財務省、国債増発を発表(1日)
2018-08-13
2018年7-12月の市場調達予定額は7690億㌦(約85兆円)と08年以来の規模に膨らむ。10月から始まる19会計年度の予算はGDPの約5%に相当する1兆㌦の赤字となる見通し。「完全雇用状態の経済としては第2次世界大戦 […]
ピックアップ
ブラジル、ロシア。インド、中国、南アフリカの5カ国で構成するBRICSは一国主義と保護主義に対抗していく事で合意。5カ国の首脳が署名した宣言は「WTOの下での、規則に則り、透明で差別がなく、開放的で包括的な多国間貿易シス […]
ピックアップ
WTO会合(26日)
2018-07-30
米中代表が中国の経済モデルに大きく異なる見解を示し、意見を戦わせた。シア米WTO大使は「貿易破壊的な中国の経済モデル」と題する文書を提出。「中国は自由貿易や世界貿易システムの忠実な擁護者と繰り返し表現しているが、実際は保 […]
ピックアップ
ムニューシン氏は、米国がEUへの追加関税措置を自動車を含めていったん保留すると明言したほか、EUと共にWTOの改革、いわゆる「WTO2.0」を目指す意欲を示した。
ピックアップ
クドロー氏は、欧州委員会のユンケル委員長が、トランプ大統領と会談した際に、中国の貿易慣行を巡る対応で米国を支援すると約束した事を明らかにし、「中国との戦いで米国とEUは同盟国となる」と語った。
ピックアップ
その上で、30日以内に、茂木経済再生相と協議するとの見通しを明らかにした。公聴会でライトハイザー氏は「牛肉に関しても貿易障壁がある」などと述べ、改めて日本に市場開放を求める姿勢を鮮明にした。NAFTAを巡っては、初めにメ […]
ピックアップ
ドラギ総裁は「協議の内容を評価するには早すぎる」と警戒感を示しながらも、「一般的に言えば、良い兆候だ」と述べた。一方、理事会では金融政策の現状維持を決定。年内に量的緩和政策を終え、少なくとも来年の夏までは低金利状態を継続 […]
ピックアップ
合意では複数の工業製品が対象と見られるが、最大の懸案である自動車については含まれない。EUが米国からの大豆の輸入量を増やす事で合意したほか、EUはLNGについても輸入量を増やす方向で調整を進めるとしている。又、ユンケル委 […]
1 4 5 6 7 8 29